ライティングの基礎

文章力を鍛えるためにツイッターをおすすめする3つの理由

▼自由に生きたいあなたは要チェック▼

リベラルアーツ大学

こんにちは、yoshieです。

ライティング講座の第2回目は「文章力を鍛えるためにツイッターをおすすめする3つの理由」です。

そもそもライティングを勉強して文章力を鍛えると言っても、どんな文章が良い文章なのかいまいちよくわかりませんよね。

そこで今回はどんな文章が良いのかというポイントを踏まえて、なぜツイッターがライティングの勉強に最適かを解説していきます。

それではごゆっくりどうぞ〜(о´∀`о)

▼凄腕フリーランスのすべてがわかる!▼

manablog

良い文章のポイントはたったの2つだけ

ライティングのテクニックや文章の書き方のルールはいろいろありますが、読みやすくわかりやすい文章のポイントは実は2つだけです。

  1. 主張したいことが明確であること
  2. 誰に向けて発信しているのか明確であること

この2つを意識するだけで文章は格段に読みやすく良いものになります。

それぞれのポイントについて説明していきましょう。

主張したいことが明確であること

文章を書く時には必ずなんらかの主張(言いたいこと・伝えたいこと)が含まれます。

文章がわかりにくい人は、この「主張したいこと」が自分の中でまとまっていないため他の人が読んだ時に「結局何が言いたいのかわからない」という事態を招きます。

そこで文章を書く前には、自分が何を言いたいのかきちんとまとめるクセをつけましょう。

誰に向けて発信しているのか明確であること

自分の主張がまとまったら、それを誰に向けて発信したいのかはっきりさせましょう。

例えば、文字を覚えたての子どもが「ぱぱおつかれさま」という文章を書いたとします。

この文章では、この子どもが「自分のパパ」に向けて「おつかれさま」ということを伝えたいことが明確です。

もし「おつかれさま」とだけ書いてあったらパパに言いたいのか、ママに言いたいのか、はたまた幼稚園の先生に言いたいのかわかりません。

「ぱぱおつかれさま」と書いてあるからこそ、この文章を受け取った父親は思わず涙してしまうほど心が動かされるのです。

このようにたった2つのポイントをおさえるだけで良い文章は完成します。

そして、このポイントを踏まえた文章をどうやって練習するかを考えた時に一番効率が良いのが「ツイッター」なのです。

ツイッターがライティングの勉強にいい理由はこの3つ

文章力を上げるために必要なのは「良い文章の読み書き」です。

ただ「書く」だけでもいいのですが、良い文章を読んで自分に吸収させることで自然と能力が高まります。

その「良い文章の読み書き」が最も手軽にできるのがツイッターです。

文章力を鍛えるためにツイッターをおすすめする3つの理由
  1. 自分の主張を届けたい相手に過不足なく簡潔に伝える練習が出来る
  2. 自分の文章の良し悪しをダイレクトかつ素早く知ることが出来る
  3. 文章力が高い人のツイートをたくさん読んで学ぶことが出来る

このような理由からわたしはライティングの勉強にはツイッターが最適だと考えています。

今日からツイッターでライティングの勉強をしよう

すでにツイッターをやっている方やこれから始める方は、自分の主張と誰に向けて発信するかを明確にした文章をたくさん書いてみましょう。

「ただの雑談アカウントだからちょっとなぁ」と思う場合はアカウントを増やすのもアリです。

「リツイートやいいねの数が増えてきたなぁ」と思ったらあなたの文章力が確実に上がっている証拠です。

これからはツイッターで楽しみながらライティングの勉強をしていきましょう!

それでは今日はこのへんで(*´∀`*)

ABOUT ME
yoshie
独学でライティングテクニックを習得後、時給1万円のライターとして多数の記事を執筆。 現在はフリーランスのブロガーとして3ブログを運営。 ライティングの講師としても活動中。 全国小論文模試1位。 サグーワークス・プラチナライター。

▼ブロガー・アフィリエイターは大注目▼

ジャックナイト

▼ゆるくマイペースに。ゆるく自由に。▼

松永なみのゆるマイ
オフィシャルスポンサー

ひつじアフィリエイト

ひつじアフィリエイトではアフィリエイト未経験者でも月5万円稼げるようになる最短プログラムを紹介しています。
アフィリエイトの始め方からサイトの作り方、そして収益化まで段階ごとの丁寧なアドバイスがあなたを導きます。

さあ、あなたもひつじアフィリエイトで稼げる人になりましょう。